鮎友釣り釣行記録  
△EDIT ▲HOME
[2022年版]  釣行回数:38回  平均釣果:41.1尾  総釣果:1563尾  1日最高釣果:77尾  最長寸:24cm
SUMMARY GRAPH
ページ切替: < 1 2 3 4 5 6 7 8 >

釣行河川: 有田川・(和歌山) 釣行日: 2022年06月26日 11:00〜17:00
釣行回数: 13回 釣果: 52尾 累計: 441尾 時速: 9.45(尾/時間)
天気: 晴れ時々曇り 気温: 31℃ 水温: 24℃ サイズ: 12cm〜21cm
河川状況: 3トン・-25cm・濁り無し
仕掛(竿): Mamiya・OP ロイヤルプレジゼント90
仕掛(糸): メタブリッド0.06号
仕掛(針): KIMERA(7号4本錨),楔SP(6.5号4本錨)
内容:
日曜日に人が少ない釣り場は何処かと考えた挙句・・・                         多分、あそこは入っていないと予想して、ひたすら川を見ながら河原を歩き、今の3トンの様な時にしか川切りが出来ない所が一か所。                                       瀬方からのトロ瀬は、思いもよらず20cm以上の良型が連荘で掛かったのには驚きでした。そこで一時間半ほどで23尾。全体にサイズが落ちて来たのも有り・・・此処から釣り下ろうと思っていたのですが・・・ここ何年、発電所の下の瀬には何年も入って無いので、今の水量だと、この場所を十分川切り出来るので、ダメ元で上がって行きました。他の釣り場は垢腐れですが、鮎も凄く見えて、ある意味感動でした。其処から怒涛の入れ掛タイムでした。でも、明日もう一度行きますかって聞かれれば辞退します。痛風持ちには困難極まりないですし、先週右肩のじん帯を痛めてるので、抜く時の右腕も、痛みが治まりかけて居ましたが、今日の釣りで再発したようです&#128546;                                      本日は、そんな半日でした。

釣行河川: 有田川・(和歌山) 釣行日: 2022年06月19日 13:20〜17:20
釣行回数: 12回 釣果: 29尾 累計: 389尾 時速: 7.57(尾/時間)
天気: 晴れ時々曇り 気温: 30℃ 水温: 23℃ サイズ: ?cm〜?cm
河川状況: 3t・-25cm・濁り無し
仕掛(竿): Mamiya・OP ロイヤルプレジゼント90
仕掛(糸): ボロン0.06号
仕掛(針): 楔(6.5号4本錨)・セナ(6.5号4本錨)
内容:
全体に渇水で釣り辛い日が続いてる。そんな中、久し振りに岩野河周辺に入る。この辺りには思っているほど良い深場も無く、有っても流れの早い降トロも深瀬も少ないです。そんな場所でも何とか遊び鮎が掛かるので、それを楽しみというか、釣り方の練習にもなるので良く入る場所です。しかし案の定掛かってもバレが多く、全体に厳しいですね〜(@_@;)夕方4時頃から一時良く追って来て掛かりました。きっと夕ばみの地合いだったと思います。

釣行河川: 有田川・(和歌山) 釣行日: 2022年06月13日 10:30〜14:30
釣行回数: 11回 釣果: 18尾 累計: 360尾 時速: 4.50(尾/時間)
天気: 晴れ時々曇り 気温: 26℃ 水温: 22℃ サイズ: 12cm〜20cm
河川状況: 3t・-25cm・濁り無し
仕掛(竿): SHIMANO・桂石90-95
仕掛(糸): ナイロン0.2号
仕掛(針): 一角6.5号・4本錨
内容:
昨日は、報知鮎釣り選手権オ−ナ−カップ・有田川予選を観戦。やはり参加される皆さんは兵ぞろいです。4ブロックにエリアが分かれて始まりましたが、四ブロックで上位2名の釣果は、どのブロックもオトリ込の20尾は必要でした。この今の状態の中、三時間での実釣17尾や18尾は凄いですね。。籤順とかで運不運は有るでしょうが、私の見ていたブロックの勝ち上がった二名は、決して囮の順番は良くなかったのにつって来られたのは、やはり実力でしょうね??
ホントに勉強になりました。
そんな翌日に、同じブロック内に入り一時間囮変わらず、一瞬撃沈かと思ったが、何とか14尾でした。全体に垢腐れ気味で水温も今一低く、アユの活性が今一よく無いように感じるが、完全に実力の無さが本日の釣果そのものです。
明後日あたりから、そろそろ梅雨入りでしょうか?? 雨が降り出すと当分釣行もお休みですね??

釣行河川: 有田川・(和歌山) 釣行日: 2022年06月10日 10:30〜14:40
釣行回数: 10回 釣果: 14尾 累計: 342尾 時速: 3.50(尾/時間)
天気: 曇り時々晴 気温: 26℃ 水温: 21℃ サイズ: 12cm〜19cm
河川状況: 3t・-25cm・濁り無し
仕掛(竿): Mamiya・OP ロイヤルプレジゼント90
仕掛(糸): メタブリッド0.06号
仕掛(針): 楔6号(4本錨)
内容:
一時間囮変わらず、一瞬撃沈かと思ったが、何とか野鮎に変わってからポロポロと掛かり14尾でした。
しかし松原辺りの水温は24度有るけど、岩野河は22度。この二度の差は、鮎にはが大きい温度差です。

釣行河川: 有田川・(和歌山) 釣行日: 2022年06月09日 11:30〜17:00
釣行回数: 9回 釣果: 49尾 累計: 328尾 時速: 9.48(尾/時間)
天気: 晴 気温: 26℃ 水温: 23℃ サイズ: 13cm〜20cm
河川状況: 3.8t・-20cm・濁り無し
仕掛(竿): SHIMANO・桂石90-95
仕掛(糸): ナイロン0.2号
仕掛(針): 一角ライト(7号4本錨)
内容:
昨日に続き同じ場所に入って見たが、全体に掛かる鮎が子ぶりになった感じがする。先客が一名居られるので、邪魔にならない場所で取り合えず泳がせてみると、直ぐに5尾連荘で掛かる。直ぐに5尾も取れれば完全に余裕だが、何時もはこの時点だ雑になる。特に泳がせ釣りは雑になり囮を弱らせることが多いので、今日はナイロンを張っているので慎重に泳がせる事に気を配った。先客が上がった後に全体を探ってみたが、それほど良くなかったので3時前に見切り場所移動。

AYU FISHING DIARY Version 1.3.1a --YUYUYU--