鮎友釣り釣行記録  
△EDIT ▲HOME
[2017年版]  釣行回数:8回  平均釣果:30.2尾  総釣果:242尾  1日最高釣果:51尾  最長寸:22cm
SUMMARY GRAPH
ページ切替: <1 2 >

釣行河川: 有田川・(ダム上流) 釣行日: 2017年06月26日 11:30〜16:00
釣行回数: 8回 釣果: 33尾 累計: 242尾 時速: 7.33(尾/時間)
天気: くもり 気温: 26℃ 水温: 22℃ サイズ: 16cm〜22cm
河川状況: -10cm 減水・濁りなし
仕掛(竿): SHIMANO・桂石90-95
仕掛(糸): ウルトラPE・0.06号
仕掛(針): 二本ヤナギ・8-7.5号
内容:
今回もダム上に釣行する。前回入った所に行こうと思っていたが、先客が2名一番良い場所に陣取っているので諦め、良い場所が無いか車を走らせ、久野原地区に入る事にした。平日でも釣り場には釣り人が居る。上から木の枝が出ている様な場所は、竿抜けが多いのはセオリー通りで、5尾入れ掛かりでオトリを確保する。その後場所を下流に少しづつ移動しながら拾い釣りになる。時間は1時半過ぎで16尾。再度、元の場所に戻り先客が上がった後を泳がすも反応なし。その後、上に200m程上に歩き、何でもない瀬落ちからの開きの浅瀬で10尾も入れ掛になるが、それで終わる。その後落ち込みの瀞で22cmが連続で3尾追加。上の棚で6尾追加で終了するが、広範囲に歩かないと、1ヶ所で数を稼ぐのは偶々よかっただけで、全体には厳しいと感じた。また、今年は掛かる鮎は色んな種苗が有るようです。追記・今回バラシが1尾も無かったのは、針をヤナギに替えた事が功をした。
[写真]

釣行河川: 有田川・(ダム上流) 釣行日: 2017年06月23日 12:00〜16:15
釣行回数: 7回 釣果: 26尾 累計: 209尾 時速: 6.50(尾/時間)
天気: 晴れ時々曇り 気温: 28℃ 水温: 23℃ サイズ: 15cm〜21cm
河川状況: -10cm 減水・濁りなし
仕掛(竿): SHIMANO バ−サトル H2.75
仕掛(糸): 複合メタル0.06号
仕掛(針): 楔(6.5号4本錨)・イニシアブロンズ(6.75号4本錨)
内容:
本日、ようやく有田川に釣行です。昨日、知り合いに川の様子を教えてもらったので、入る場所は決めていた。しかし、釣り場に着くと良さげなポイントに釣り人が何人も入っているではないの??何とか空いてる場所を見つけ、オトリを出すなりドカン!!と、強烈なアタリです。しめしめと思いながら慎重にタメて抜いた瞬間バレて落ちたのには最悪だ。。その後数匹と言わず6尾も連続バラす。掛っている場所も良くないのも有るだろうが、針のサイズも合ってないしです。結局一時間で7尾もバラシ2尾のオトリもヘロヘロです。しかし、今日は何を思ったのか、オトリは3尾購入したのです。なぜかと言うと・・・国魚で今年初めてオトリを買ったのと、今日は有田川に入るのが初めてと言う事で、ご祝儀の様な事で買ったのが、幸いしたと言う事です。お蔭で、その後は何とかオトリが変わり4時まで26尾となり納竿とした。サイズは区々だが、デカイサイズも有るので、仕掛けの号数に、針のサイズは難しいです。
[写真]

釣行河川: 日高川・(ダム上流) 釣行日: 2017年06月19日 07:00〜12:30
釣行回数: 6回 釣果: 31尾 累計: 183尾 時速: 6.20(尾/時間)
天気: 晴 気温: 28℃ 水温: 24℃ サイズ: 12cm〜21cm
河川状況: -15cm 減水 濁り無し
仕掛(竿): がま鮎 ファインスペシャルIII 引抜急瀬 90
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 楔(6.5号4本錨)・イニシアブロンズ(6.75号4本錨)
内容:
午後から会議が入ってるので午前中の釣行になる。
前回、場所を確認してたので迷い無く入る。最初のオトリ交換も直ぐに変わり、直ぐに5尾になる。しかし、ここからが掛からない。変化が有り、申し分のない川相なのに何故か掛らない。一人で長い瀬を釣り下り、3時間の間で20尾。それも型が小さいのは何故?? 10時半に見切って場所移動する。次に入った釣り場は、全体に岩盤で深トロだが、ここでオトリを入れるなり良型が入れ掛かりになる。初めからこの場所に入って居たらと、後悔しながら12時半に川を後にした。
[写真]

釣行河川: 日高川・(ダム上流) 釣行日: 2017年06月16日 10:30〜16:00
釣行回数: 5回 釣果: 51尾 累計: 152尾 時速: 10.20(尾/時間)
天気: 晴 気温: 28℃ 水温: 23℃ サイズ: 15cm〜20cm
河川状況: -15cm??
仕掛(竿): がま鮎 ファインスペシャルIII 引抜急瀬 90
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): 楔(6.5号4本錨)・イニシアブロンズ(6.75号4本錨)
内容:
来週は、思うように釣りに行けない雰囲気なので用意周到で出かける。今回行こうと思っていた熊野川支流の四村川が、余りにも水量が少なく来ない方が良いとの事で、日高・竜神に入る。前回、小家で終わってから次の釣り場と思い下見をしていたので、迷いも無く釣り場に到着する。福井界隈も新しいトンネルが出来て便利になりった。最下流から少し上流に上がっただけなのに、相当渇水になって居ているが、浅瀬・浅トロ・チャラと全体に良く掛った。
[写真]

釣行河川: 日高川・(ダム上流) 釣行日: 2017年06月12日 11:30〜15:30
釣行回数: 4回 釣果: 35尾 累計: 101尾 時速: 8.75(尾/時間)
天気: 晴れ後曇り 気温: 22℃ 水温: 21℃ サイズ: 13cm〜19cm
河川状況: -10cm 減水
仕掛(竿): 銀影競技SP中硬硬95
仕掛(糸): ナイロン0.175
仕掛(針): KIMERA(7号3本錨),イニシア(6.75号4本錨)
内容:
明日から数日忙しくなるので、急遽釣りに行く事にした。
前回行った小家界隈だが、今日入った場所より更に下流です。
伊藤オトリ店でオトリを調達し早々に入る。思ったポイントで直ぐに野鮎に変わり、順調に3尾5尾7尾10尾と掛るが・・・パッタリと掛らなくなる。その後、少しづつ上飛ばしで移動しながら拾い釣りをする。これ以上、上に行っても淵になる瀬肩から左岸のチャラが異常に石の色が良いのでオトリを入れると秒速で良型が掛る。その後この場所で16尾の入れが掛かりになる。確かに変化の良い流れで有るが、これ程掛かるとは思っても見なかった。時間を見ると2時を過ぎてるので、車の有る場所まで戻り下流をやってないので100m程釣り下り9尾追加で、少し早いが納竿とした。その後、福井周辺まで川を見に行きましたが、鮎が見える場所から見えない場所から様々でした。
[写真]

AYU FISHING DIARY Version 1.3.1a --YUYUYU--